勉強道具

大学受験を受けるなら塾に行くべき|レベルを合わせてくれる

小学生から始まる受験準備

女子学生

目的はあくまでも大学受験

かつては高校受験や大学受験が近くなると塾へ通っていたものですが、最近は小学校の段階で塾を選ぶのが一般的になっています。中高一貫校ができてから受験準備が小学生にまで下がってきたのです。中高一貫校の入学を目指すのが目的ではなく、難関大学へ入学するためのステップなのです。塾を選ぶ時に迷ったら、地元で人気の塾を選んでおけば間違いないです。なぜなら人気があるというのはそれだけ実績がある証拠だからです。例えば西宮市に住んでいる人なら地元のママ友の間で人気のある塾は噂になっているはずです。またインターネットを利用して西宮市の塾の口コミなどを見れば、どの塾が人気なのかがわかります。小学生の塾選びでは大学受験まで見据えた展望が必要です。

講師の選び方で成績が上昇

学習塾を選ぶ時に気をつけるのは講師です。子どもの学力に直接関係してくるのは教えてくれる講師の質がとても大きく影響します。評判の良い講師が教えてくれるところを選ぶことが大切です。お金に余裕があるなら、講師の経験者に家庭教師にきてもらうという形式が最も学力アップにつながります。また授業方式もそれぞれに特徴があります。最近は個別指導方式が人気ですが、子どもの性格によっては集団指導方式の方が向いている場合があります。また両方を取り入れているところもあります。例えば西宮市には集団指導方式で教えながら、弱点となる教科については個別指導をするといった塾があります。西宮市以外にもこのような指導法をしているところがあるので、事前に調べておく必要があります。