勉強道具

大学受験を受けるなら塾に行くべき|レベルを合わせてくれる

部活動との両立

ノートとペン

上手な利用方法とは

中学生は部活動で忙しいために、受験に向けて成績アップを目指すためには工夫が必要です。学習塾で補習指導や受験指導を受ける方法もありますが、家庭教師を活用したほうが効率的です。家庭教師の指導を受ける場合には、週1回でも料金は月額2万円から3万円が平均です。したがって費用を節約しながら中学生が家庭教師の指導を受けるためには、目的を明確にするべきでしょう。苦手科目の克服をテーマにして受講するのが最も賢い方法であり、単元も絞って集中的に指導を受けるのが理想的です。高校受験が近づいたときには、受講回数を増やしたうえで、入試に直結する内容を学習するべきです。指導歴10年以上の先生の指導を受けることが、志望校に受かるための必須条件です。

指導を受けるときの心構え

無料体験指導を行う家庭教師の業者が多いので、最初に指導内容を確認してから、契約するのが良い方法です。野球部などの練習や試合で多忙な中学生は、部活動のスケジュールに合わせて受講計画を立てるべきでしょう。曜日の変更にも柔軟に対応する業者であれば、部活動と受験勉強の両立も容易です。希望する高校に進学するためには、日ごろのテストの点数もアップして、内申点を十分に確保することが大切です。定期テスト対策もしっかりと行う先生を選ぶことが、中学生が効率的に成績を上げるための近道です。生徒自身が主体的に学習に取り組むことが、家庭教師を利用するときに必要な心構えです。自宅学習でわからない点を積極的に質問することで、苦手な領域も十分に理解できるでしょう。