勉強道具

大学受験を受けるなら塾に行くべき|レベルを合わせてくれる

夏に理科と社会

勉強道具

人気がある理由

日本に大学はたくさん存在していますが、人気があるのは難関大学と呼ばれる一部の大学です。この一部にしか過ぎない難関大学は、少子化や大学設置件数が増加しても、高い倍率を維持しています。そうした難関大学への合格率が、とても高いのが有名中高一貫校です。有名中高一貫校が難関大学への合格率が高いのは、合格のための明確な教育方針があるからです。そのため最近は有名中高一貫校への中学受験の倍率が、たいへん高くなっています。そうした有名中高一貫校への中学受験のための勉強法で、とくに大切になるのが夏の時期です。大学受験でもそうですが、夏を制する者は受験を制すると言われています。したがって有名中高一貫校への中学受験は、夏の勉強法に工夫を凝らすと、合格率が高まるのです。

タイミングがある

有名中高一貫校への中学受験は、一般的に国算理社の4教科で行われます。以前までは面接試験も多かったのですが、最近は面接試験を省くことが多くなりました。そのため国算理社の4教科だけで、合否が完全に決定されるのです。この4教科のうちで、夏に行うと良い勉強法が、理科と社会を重点的に行うことです。4教科のうち国語と算数の勉強法は、時間を掛けて積み上げていく必要があります。これに対して理科と社会は、覚えることが少ないので、短期集中して記憶することが可能です。短期集中という点で、夏は長期の休みに入るので、勉強するのに良いタイミングになります。こうしたことから有名中高一貫校への中学受験は、夏に理科と社会を重点的に行うと良いのです。